EthereumPoW / イーサリアムPoW(ETHW)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ EthereumPoW(ETHW)]

EthereumPoW(ETHW)

EthereumPoW / イーサリアムPoW とは

EthereumPoWとは、イーサリアム(ETH)の大型アップデート「The Marge(マージ)」からハードフォーク(分岐)して誕生したブロックチェーン
コンセンサスアルゴリズム(合意形成)はイーサリアムのPoW(Proof of Work)を継承
「コミュニティによって開発・運営されているオリジナルのイーサリアム」であるとしているが、本来のオリジナルイーサリアムは「イーサリアムクラシック(ETC)」である
2022年9月15日に開始され、2022年10月19日現時点で時価総額ランキング63位

EthereumPoWの通貨記号

「ETHW」

EthereumPoWの創立者

匿名のETHマイナー(採掘者)グループによってフォークされ設立
フォーク支援者としては、Tronの創設者であるJustin Sun氏、著名ETHマイナーであるChandler Guo氏など

EthereumPoWのオフィシャルHP

https://ethereumpow.org/

EthereumPoW(ETHW)の特徴

  • イーサリアムのメインネット大型アップグレード「The Marge」により、イーサリアムのコンセンサスアルゴリズムがPoWからPoS(Proof of Stake)に変更され、残されたPoWのチェーンが分岐しEthereumPoWとして始動
  • ETH保有者に対しETHWがエアドロップ(配布)された
    ウォレットにETHを保有していたユーザーは1:1でETHWを獲得できたが、中央集権型取引所を介してETHを保有していたユーザーに対しては取引所がETHWを受け取っているため、それがどのように配布されるかは取引所次第とされた
    例えば、取引所のGMOコインではETHW相当額の日本円を交付

ETHWの供給量

ETHWの発行上限は設定されておらず、現在の市場流通量は約1億枚

EthereumPoW(ETHW)取扱取引所

EthereumPoW(ETHW)は国内×海外の取引所で取り扱われています

ETHW(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Golem(GLM)]

    Golem(GLM)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ BORA(BORA)]

    BORA(BORA)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Curve DAO Token(CRV)]

    Curve DAO Token(CRV)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[FTXトークン(FTT)]

    FTXトークン(FTT)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Klaytn(KLAY)]

    Klaytn(KLAY)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ GMX(GMX)]

    GMX(GMX)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Pax Dollar(USDP)]

    Pax Dollar(USDP)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ モネロ(XMR)]

    モネロ(XMR)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Waves(WAVES)]

    Waves(WAVE)