aelf / エルフ(ELF)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ aelf(ELF)]

aelf(ELF)

aelf / エルフ とは

aelfとは、ブロックチェーン版のクラウドコンピューティングサービスを提供するオープンソースのブロックチェーンネットワーク
イーサリアムのブロックチェーン上に構築されている
メインチェーンと複数のサイドチェーンによって構成されており、異なるサイドチェーン同士に互換性あり
コンセンサスアルゴリズム(合意形成)はPoS(Proof of Stake)の発展型であるDPoS(Delegated Proof of Stake)を採用
2017年12月にローンチされ、2022年12月26日現時点で時価総額ランキング194位

aelfの通貨記号

「ELF」
スマートコントラクト(契約自動化システム)の展開、取引手数料、クロスチェーンデータ転送料金、運営に関わる提案への投票権としてのガバナンストークンなどに使用されている

aelfの創立者

aelfのCEO(最高経営責任者)であるHaobo Ma氏、COO(最高執行責任者)であるChen Zhuling氏による共同設立

aelfのオフィシャルHP

https://aelf.com/

aelf(ELF)の特徴

  • 1つのメインチェーンと複数のサイドチェーンによって構成されている
    サイドチェーンとは、メインチェーンとは違うブロックチェーン上で処理する技術で、機能拡張やスケーラビリティ問題の解決が目的
    ※スケーラビリティ問題:ユーザー増加に伴う取引量の増加により生じる、取引処理速度の遅延や取引手数料高騰といった問題
    サイドチェーン上でスマートコントラクトの実行や柔軟性のあるDApps(分散型アプリケーション)構築が可能となるため、メインチェーンの負担軽減が期待できる
  • クロスチェーンに対応しており、異なるブロックチェーン間で取引可能
  • コンセンサスアルゴリズムのDPoS(Delegated Proof of Stake)は、ブロックの承認権限を持つデリゲーターを投票によって選任するシステム
    承認者が少ないため承認速度が比較的速い

ELF供給量

ELFの総供給量は10億枚で、現在の市場流通量は約5億枚

aelf(ELF)取扱取引所

aelf(ELF)は海外の取引所で取り扱われています

ELF(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ HEX(HEX)]

    HEX(HEX)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Ethereum Name Service (ENS)]

    Ethereum Name Service(ENS)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ LooksRare(LOOKS)]

    LooksRare(LOOKS)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ エイプコイン(APE)]

    エイプコイン(APE)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Horizen(ZEN)]

    Horizen(ZEN)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ MobileCoin(MOB)]

    MobileCoin(MOB)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ THORChain(RUNE)]

    THORChain(RUNE)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Ocean Protocol(OCEAN)]

    Ocean Protocol(OCEAN)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Compound(COMP)]

    Compound(COMP)