ダイ(Dai / DAI)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ダイ(DAI)]

ダイ(Dai / DAI)

ダイ(Dai)とは

ダイ(Dai)とは、イーサリアムブロックチェーンにおけるERC-20規格のステーブルコイン
※ステーブルコイン:法定通貨と暗号資産(仮想通貨)が連動する通貨【DAIは米ドルと連動】
DeFi(分散型金融)プロジェクト「MakerDAO」が発行・管理している
使用用途は決済、貯蓄、イールドファーミング(投資)など
2022年7月時点では時価総額ランキング11位
2019年11月から複数の資産を担保できるようになった(それまではイーサリアムのみの単一担保)

ダイの通貨記号

DAI「ダイ」と読み、1米ドルがおよそ1DAIになるよう固定されている(ペッグ通貨という)

ダイの創立者

2014年、デンマークの起業家ルーン・クリステン氏によって最初に開発され、その後MakerDAOはメイカー財団という組織が開発や普及活動を、ダイ財団という組織が知的財産権利を管理している

ダイ(MakerDAO)のオフィシャルHP

https://makerdao.com/ja/

ダイ(DAI)の特徴

  • ステーブルコインは一般的に中央集権機関が発行しているが、ダイは権限が分散されている分散型
  • イーサリアムが提供しているERC-20規格を利用して開発されたため、イーサリアム対応のサービスやアプリと互換性がある
  • 2019年10月まではイーサリアムの単一担保だったが、2019年11月より複数の資産を担保できるようになった(複数担保)
  • CDP(Collateralized debt Positions)というスマートコントラクトにより、発行や市場価格の調整を自動的に行わせている
  • 法定通貨よりも処理速度が速く、手数料を抑えることができる

DAIの供給量

DAIの発行上限枚数は設定されていない
メイカープロトコル(DAI発行管理ソフトウェア)に担保として資産を入金し同等額のDAIが発行される
2022年7月14日現在、約69億枚が流通

ダイ(DAI)取扱取引所

ダイ(DAI)は日本×海外の取引所で取り扱われています

DAI(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Pax Dollar(USDP)]

    Pax Dollar(USDP)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ シータネットワーク(THETA)]

    シータ ネットワーク(THETA)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Terra Classic(LUNC)]

    Terra Classic(LUNC)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ USDD(USDD)]

    USDD(USDD)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ TerraClassicUSD(USTC)]

    TerraClassicUSD(USTC)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ メイカー(MKR)]

    メイカー(MKR)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ ダッシュ(DASH)]

    ダッシュ(DASH)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Fantom(FTM)]

    Fantom(FTM)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Stucks(STX)]

    Stucks(STX)