STP(Standard Tokenization Protocol)/ STPT
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ STP(STPT)]

STP(STPT)

STP(Standard Tokenization Protocol)とは

STPとは、資産の簡単なトークン化を目的としたDAO(分散型自律組織)向けプラットフォーム
Verse Networkと呼ばれるインフラストラクチャによって、様々な異なるブロックチェーン上の資産や金融商品にアクセス可能
取引処理速度は高速で、高額なブリッジ料金コストを抑えることができる
2019年6月にローンチされ、2023年4月12日現時点で時価総額ランキング264位

STPの通貨記号

「STPT」ネットワーク使用料、ステーキング、ガバナンストークン、報酬などに使用される
※ステーキング:保有通貨をネットワークに預け入れることで報酬を得られるシステム

※ガバナンス:運営に関わる提案への投票権として使用されるトークン

STPの創立者

STPのCEO(代表取締役)であるMinhui Chen氏によって設立

STPのオフィシャルHP

https://www.stp.network/

STP(STPT)の特徴

  • 有価証券や不動産といった金融商品をトークン化し、異なるブロックチェーン間で簡単に転送可能
  • Verse Network ブロックチェーン
    Ankr BNB Chain-Application-Sidechain (BAS) フレームワークを搭載
    簡単で使いやすいアーキテクチャはEVM(イーサリアム仮想マシン)で構築され、スマートコントラスト(契約自動化システム)に対応
    これにより、シームレスなDAOの作成・管理、高速な取引処理速度、超安価なガス代(取引手数料)を実現
  • 主な製品
    【Clique(クリーク)】
    すべてのDAO、保有資産管理、ガバナンス提案、Verse Networkで進行中のプロジェクトなどが集約されたダッシュボード
    【ガバナンスSDK】
    Cliqueを使用することでクロスチェーンガバナンスが実装され、超安価なガス代が適用される
    【マルチモジュラー ブロックチェーン アーキテクチャ】
    Ankr BNB Chain-Application-Sidechain (BAS) フレームワークを搭載したVerse Networkチェーン
    資金調達のためのプール、ステーキング、ガバナンス、報酬管理などのコアモジュールが含まれている
  • Verse Network上には、Eスポーツゲーム、NFT(非代替性トークン)取得に特化した投資、ソーシャル・メンバーシップ、財務プロジェクトなどのDAOが作成されている

STPTの供給量

STPTの発行上限は1,942,420,283枚で、現在の市場流通量は約18億4,000万枚

STP(STPT)取扱取引所

STP(STPT)は海外の取引所で取り扱われています

STPT(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ イオス(EOS)]

    イオス(EOS)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[UNUS SED LEO(LEO)]

    UNUS SED LEO(LEO)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ セルシウス(CEL)]

    セルシウス(CEL)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Ontology Gas(ONG)]

    Ontology Gas(ONG)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Highstreet(HIGH)]

    Highstreet(HIGH)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ シンボル(XYM)]

    シンボル(XYM)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Polymesh(POLYX)]

    Polymesh(POLYX)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ BORA(BORA)]

    BORA(BORA)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[カルダノ(ADA)]

    エイダコイン(ADA/Cardano)

↓リットリンクはじめました

lit.link(リットリンク)は、無料のSNSリンクまとめサービス。暗号資産・仮想通貨ナビのリットリンク