シンボル / Symbol (XYM)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ シンボル(XYM)]

シンボル(XYM)

シンボル / Symbol とは

シンボル(XYM)とは、ネム(XEM)のハードフォークにより誕生した企業向けブロックチェーン開発プラットフォーム
ハードフォーク:仕様変更や大型アップデートにより生まれた新しいブロックチェーンで、既存のチェーンと互換性が無い
ネムより取引処理速度が高速で、マルチシグ技術によりセキュリティレベルが高い
パブリックチェーンとプライベートチェーンの両方を提供するハイブリットチェーンで、異なるブロックチェーンとの相互運用が可能
南米のグローバル企業で建築工程管理や、2022年ワールドカップのホテル建設にシンボルが利用された
2021年3月にローンチされ、2022年11月9日現時点で時価総額ランキング130位

シンボルの通貨記号

「XYM」

シンボルの創立者

暗号資産(仮想通貨)専門家と愛好家の匿名チームによってフォーク(分岐)された
開発はネムグループ社が担っている

シンボルのオフィシャルHP

https://docs.symbol.dev/index.html

シンボル(XYM)の特徴

  • ネム(XEM)のアップグレード版ともいわれており、高速な取引処理速度を継承し、マルチシグを搭載することでセキュリティレベルを向上させた
    ※マルチシグ:通貨を送信する際、複数回の電子署名を必要とするセキュリティ技術
  • ハイブリットチェーンは、プライベートチェーンの高レベルなエコシステムを維持しつつ、パブリックチェーンと自由に通信することができ、異なるブロックチェーンと相互運用が可能
    シンプルかつコストを抑えることができるため、企業の技術革新を促すことができる
  • コンセンサスアルゴリズム(合意形成)はPoS(Proof of Stake)の修正版であるPoS+を採用
    通貨保有量のほか、支払った手数料の合計額やネットワークへの貢献度など、アカウントの重要度に応じて作業報酬が支払われる仕組み
    取引承認作業は「ハーベスト」と呼ばれている
  • ネムはシンボルのサブチェーン「NIS1(NEM Infrastructure Server 1)」としても機能している
  • 近年注目されているDeFi(分散型金融)やNFT(非代替性トークン)市場へも参入している

XYMの供給量

XYMの発行上限は8,999,999,999枚で、現在の市場流通量は約56億枚

シンボル(XYM)取扱取引所

シンボル(XYM)は日本×海外の取引所で取り扱われています

XYM(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Kusama(KSM)]

    Kusama(KSM)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ イーサリアムクラシック(ETC)]

    イーサリアムクラシック(ETC)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ チェーンリンク(LINK)]

    チェーンリンク(LINK)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ ネム(XEM)]

    ネム(XEM)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ PlayDapp(PLA)]

    PlayDapp(PLA)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Fei USD(FEI)]

    Fei USD(FEI)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Injective(INJ)]

    Injective(INJ)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Trust Wallet Token(TWT)]

    Trust Wallet Token(TWT)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Secret(SCRT)]

    Secret(SCRT)