コスモス / Cosmos(ATOM)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ コスモス(ATOM)]

コスモス(ATOM)

コスモス / Cosmos とは

コスモスとは、『The Internet of Blockchains.』をコンセプトに、互換性のない異なるブロックチェーン同士を繋げて相互運用・拡張するシステムの構築を目指すプロジェクト
2017年にローンチされ、2022年7月28日時点では時価総額ランキング27位
異なるブロックチェーン同士を相互運用させることで、負荷を軽減し、取引処理速度の遅延や手数料高騰といったスケーラビリティ問題の解決に貢献できるとしている
簡単にブロックチェーンを作成・使用することができる
コンセンサスアルゴリズムはPoSを採用し、ステーキング(長期保有により報酬を得られる仕組み)に対応

コスモスの通貨記号

「ATOM」アトムと読む

コスモスの創立者

2014年、ジェ・クォン氏がCEO(最高責任者)を務めるTendermint社によって開発された
ジェ・クォン氏は2020年にCEOを辞任、その後ペン・ジョン氏がCEOに就任し2022年2月「Ignite」としてリブランドし、同年7月に辞任

コスモスのオフィシャルHP

https://cosmos.network/

コスモス(ATOM)の特徴

  • Cosmosネットワークは、中心に位置するHubに、各役割を持った複数のZoneと呼ばれる独立したブロックチェーンが接続されている構成
  • ブロックチェーン開発ツール「Cosmos SDK」をユーザーに提供しており、誰でも簡単にHubやZoneの作成が可能
  • ブロックチェーン同士を低コストで繋げ、取引所を介さずに暗号資産を送金できるようになったことでスケーラビリティ問題の解決を実現
  • コスモスのトークンであるATOMは、取引手数料として使用されるほか、新たなブロックチェーンを作成する際の発言権や投票権を持つガバナンストークンとしても使用されている

ATOMの供給量

ATOMの発行上限データはなく、現在の市場流通量は約3億枚
マイニングではなく、ステーキングによって獲得可能

コスモス(ATOM)取扱取引所

コスモス(ATOM)は日本×海外の取引所で取り扱われています

ATOM(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ The Graph(GRT)]

    The Graph(GRT)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ ベーシックアテンショントークン(BAT)]

    ベーシックアテンショントークン(BAT)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ KuCoin Token(KCS)]

    KuCoin Token(KCS)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ NEAR Protocol(NEAR)]

    NEAR Protocol(NEAR)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Zcash(ZEC)]

    Zcash(ZEC)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ USDD(USDD)]

    USDD(USDD)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ ザ・サンドボックス(SAND)]

    ザ・サンドボックス(SAND)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ メイカー(MKR)]

    メイカー(MKR)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Synthetix(SNX)]

    Synthetix(SNX)