メイカー / Maker(MKR)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ メイカー(MKR)]

メイカー(MKR)

メイカー / Maker とは

メイカーとは、DeFi(分散型金融)プロジェクトである「MakerDAO」が発行するステーブルコイン「DAI」の価値担保として発行されている暗号資産(仮想通貨)
※ステーブルコイン:法定通貨と暗号資産(仮想通貨)が連動する通貨。【DAIは米ドルと連動】
今後の方向性や運営としての意思決定への投票権を持つガバナンストークンとしての役割を持つ
2017年12月にローンチされ、2022年8月23日時点で時価総額ランキング54位

メイカーの通貨記号

「MKR」

メイカーの創立者

メイカーの発行元であるMakerDAOは、デンマーク人起業家のRune Christensen氏によって2015年に設立

メイカーのオフィシャルHP

https://makerdao.com/ja/

メイカー(MKR)の特徴

  • メイカーの価値担保はステーブルコインのDAIが行い、DAIはメイカープロトコル内のスマートコントラクト(契約自動化システム)にイーサリアム(ETH)などの暗号資産を担保として預け入れることで生成される
  • MakerDAOが保有している通貨の価値がDAIを担保するのに足りなくなる場合、自動的に清算され、メイカープロトコルは新しいMKRを発行しカバーすることで総供給量を増加させる仕組み
    反対に、保有通貨の価値がDAIを担保するのに必要な量を超えている場合、メイカープロトコルはMKRを購入しバーン(焼却/使用不可能にすること)することで総供給量を減少させる
  • メイカーはプロジェクトの方向性に関わる重要事項を決定するための投票権としての役割を持つガバナンストークンで、保有量に応じて投票権が付与される
  • メイカー保有者のガバナンスが大きく拡大したことで、開発元のメイカー財団は解散が決定している
    したがって、メイカー保有者同士のみによって運営が行われ、より非中央集権型の組織になるとされている

MKRの供給量

MKRの発行上限は設定されておらず、現在の市場流通量は約10万枚

メイカー(MKR)取扱取引所

メイカー(MKR)は国内×海外の取引所で取り扱われています

MKR(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[Binance USD(BUSD)]

    Binance USD(BUSD)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ PancakeSwap(CAKE)]

    PancakeSwap(CAKE)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Synapse(SYN)]

    Synapse(SYN)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ SushiSwap(SUSHI)]

    SushiSwap(SUSHI)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Flow(FLOW)]

    Flow(FLOW)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ アクシー・インフィニティ(AXS)]

    アクシー・インフィニティ(AXS)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Hooked Protocol(HOOK)]

    Hooked Protocol(HOOK)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Ravencoin(RVN)]

    Ravencoin(RVN)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Klaytn(KLAY)]

    Klaytn(KLAY)