Neutrino USD / ニュートリノ USD(USDN)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Neutrino USD(USDN)]

Neutrino USD(USDN)

Neutrino USD / ニュートリノ USD とは

Neutrino USDとは、暗号資産(仮想通貨)担保型のステーブルコイン
※ステーブルコイン:法定通貨と暗号資産が連動する通貨【USDNは米ドルと連動】
価格相場の安定を目指し、Neutrinoプラットフォーム上で作成されている
USDN・WAVES・NSBTの3つのコアトークンで構成されている
実世界のあらゆる金融商品(法定通貨、株式、金や石油等)をトークン化するための手段として設計された
値動きが少ないため長期保有のステーキング(プラットフォームに通貨を預けることで報酬を得られる仕組み)に有利
2019年にローンチされ、2022年8月31日時点で時価総額ランキング64位

Neutrino USDの通貨記号

「USDN」

Neutrino USDの創立者

ブロックチェーン開発チームであるVentuary Labによって創立された

Neutrino USDのオフィシャルHP

https://neutrino.at/

Neutrino USD(USDN)の特徴

  • WAVESトークンはWAVESブロックチェーンの独自トークンで、取引手数料の支払いに使用され、USDNの担保として機能している
    NSBTトークンは再資本化トークンで、Neutrinoのスマートコントラクト(契約自動化システム)における担保準備金として機能しており、WAVESをロックするために新規発行され、追加裏付けとしても機能する
  • 3つのコアトークンの相互運用によって価格市場の安定性に貢献
  • 中央に特定の管理者が存在せず、ブロックチェーン上でスマートコントラクトを実行するためDeFi(分散型金融)と相性が良い
  • ユーザーは一定量以上のUSDNをステーキング(預け入れ)することで、年間12~15%の報酬を獲得可能

USDNの供給量

USDNの総合供給量は685,230,983枚で、市場流通量はこれと同等
※プロジェクトではロックされていないためすべてのUSDNは市場に流通済み

Neutrino USD(USDN)取扱取引所

Neutrino USD(USDN)は海外の取引所で取り扱われています

USDN(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ クロノス(CRO)]

    クロノス(CRO)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Huobi Token(HT)]

    フォビトークン(HT)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ セルシウス(CEL)]

    セルシウス(CEL)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ KuCoin Token(KCS)]

    KuCoin Token(KCS)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ダイ(DAI)]

    ダイ(Dai / DAI)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ コスモス(ATOM)]

    コスモス(ATOM)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Stucks(STX)]

    Stucks(STX)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ BinaryX(BNX)]

    BinaryX(BNX)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[Avalanche(AVAX)]

    アバランチ(AVAX)