Aptos / アプトス(APT)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Aptos(APT)]

Aptos(APT)

Aptos / アプトス とは

Aptosとは、安全で高速な使いやすいレイヤー1ブロックチェーンネットワーク
Meta社(旧Facebook社)のメンバーが開発したことで注目を集めている
Meta社のDiemプロジェクトで開発されたプログラミング言語「Move」を採用
大手暗号資産(仮想通貨)取引所が続々とAPT上場を発表
2022年10月18日にメインネットがローンチされ、2022年10月20日現時点で時価総額ランキング51位

Aptosの通貨記号

「APT」

Aptosの創立者

Meta社(旧Facebook社)のメンバーであるMo Shaikh氏、Avery Ching氏によって設立された

AptosのオフィシャルHP

https://aptoslabs.com/

Aptos(APT)の特徴

  • Meta社が独自に開発していたブロックチェーン暗号資産プロジェクト「Diem」は、銀行口座を持たない人を含め世界中に暗号資産を普及させることが目的だった
    Diemは頓挫したが、Diem用に開発したプログラミング言語「Move」がAptosに採用されるなど、Diemの技術が活用されている
  • 大手テクノロジー企業であるMeta社の暗号資産事業に携わっていたメンバーが開発したことで注目度が高い
  • Aptosのプロジェクトとして、DEX(分散型取引所)、AMM(自動マーケットメーカー)、ウォレットなどが挙げられる
    ユースケースとしては、暗号資産決済、NFT(非代替性トークン)、Web3.0ゲーム、エンターテイメントビジネスなど多岐に渡る
  • バイナンスやコインベースなど、大手取引所が上場を発表している
  • トランザクション(取引)の実行とコンセンサス(合意形成)を別々に処理する並列実行機能「Block-STM」を実装することで複数の処理を同時に行うことが可能となり、取引処理速度の高速化が期待されていた
  • ローンチ後、実際に稼働すると期待されていた取引処理速度パフォーマンスは実現できず一部で炎上

APTの供給量

APTの総発行量は10億枚で、現在の市場流通量は1億3,000万枚

Aptos(APT)取扱取引所

Aptos(APT)は海外の取引所で取り扱われています

APT(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[Avalanche(AVAX)]

    アバランチ(AVAX)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Flux(FLUX)]

    Flux(FLUX)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ダイ(DAI)]

    ダイ(Dai / DAI)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ユニスワップ(UNI)]

    ユニスワップ(UNI)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ PlayDapp(PLA)]

    PlayDapp(PLA)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ BORA(BORA)]

    BORA(BORA)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[バイナンス(BNB)]

    バイナンスコイン(BNB)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Lido DAO(LDO)]

    Lido DAO(LDO)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[Shiba Inu(SHIB)]

    Shiba Inu(SHIB)