Fetch.ai / フェッチAI (FET)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Fetch.ai(FET)]

Fetch.ai(FET)

Fetch.ai / フェッチAI とは

Fetch.aiとは、AI(人工知能)によるデータ収集や分析によって最適なサービスを提供することを目的としたプロジェクト
様々な分野のデータに対応可能
実世界の様々なデータを繋ぎ、自身で学習を繰り返す自立型エージェント「AEA(Autonomous Economics Agents)」は、AI自身が関連情報を感知し意思決定して行動するAI機能
分散型台帳「Fetch Smart Ledger」の導入によって、複数のチェーンを同時に処理することが可能
2019年3月にローンチされ、2022年12月23日現時点で時価総額ランキング198位

Fetch.aiの通貨記号

「FET」イーサリアムのERC-20規格
エコシステム内のサービス利用料、手数料、保有通貨をネットワークに預け入れることで報酬を得ることができるステーキングなどに使用されている

Fetch.aiの創立者

Fetch.aiのCEO(最高経営責任者)であるHumayun Sheikh氏、COO(最高執行責任者)であるToby Simpson氏、CSO(最高戦略責任者)であるThomas Hain氏による共同設立

Fetch.aiのオフィシャルHP

https://fetch.ai/

Fetch.ai(FET)の特徴

  • 自立型エージェントAEAは、学習に必要なデータを自ら収集し、効率性を上げるプロトコルを導入している
    ネットワーク上に構築されたAEAは、ADA同士で繋がり展開していく仕組み
  • 分散型台帳のFetch Smart Ledgerは、複数のチェーンを同時に処理することが可能
    処理にあたってのネットワーク負荷軽減や処理数の増加が期待できる
  • 「バグ報奨金プログラム」は、開発者やセキュリティ専門家がエコシステムの脆弱性を報告すると、報酬として最大20,000FETトークンを獲得することができる

FET供給量

FETの総供給量は3,409,064,989万枚で、現在の市場流通量は約8億枚

Fetch.ai(FET)取扱取引所

Fetch.ai(FET)は海外の取引所で取り扱われています

FET(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ イルビウム(ILV)]

    イルビウム(ILV)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Huobi Token(HT)]

    フォビトークン(HT)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Fantom(FTM)]

    Fantom(FTM)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Balancer(BAL)]

    Balancer(BAL)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ビットコイン(BTC)]

    ビットコイン(BTC)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Frax Share(FXS)]

    Frax Share(FXS/FRAX)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ MediBloc(MED)]

    MediBloc(MED)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ アルゴランド(ALGO)]

    アルゴランド(ALGO)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Smooth Love Potion(SLP)]

    Smooth Love Potion(SLP)