Celo / セロ(CELO)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Celo(CELO)]

Celo(CELO)

Celo / セロ とは

Celoとは、スマートフォンユーザーに暗号資産(仮想通貨)を普及させることを目的とするプラットフォーム
DeFi(分散型金融)、スマートコントラクト(契約自動化システム)、DApps(分散型アプリケーション)の作成が可能
ステーブルコインを発行している
※ステーブルコイン:法定通貨と金や暗号資産(仮想通貨)の価値が連動する通貨
コンセンサスアルゴリズム(合意形成)はPoS(Proof of Stake)を採用
2020年4月にメインネットがローンチされ、2022年9月21日時点で時価総額ランキング90位

Celoの通貨記号

「CELO」取引手数料の支払い、ステーブルコインの担保、ステーキング、ガバナンストークンとしても利用されている
※ガバナンストークン:運営方針や運営に関わる提案への投票権

Celoの創立者

2017年8月にRene Reinsberg氏によって設立された
プロモーションはメインネットと共に立ち上げられた非営利団体「Celo財団」が担当

CeloのオフィシャルHP

https://celo.org/

Celo(CELO)の特徴

  • 銀行口座を持っていなくても、スマートフォンの電話番号をパブリックキーとして使用することで世界中にいる数十億人のスマートフォンユーザーの間で広めることを目指している
  • ユーティリティトークンであるCELOは取引手数料の支払いのほか、プラットフォームに通貨を預け入れることで報酬を得られるステーキング、運営方針の提案への投票権として使用されている
  • 価格の安定を目的としたステーブルコインを発行
    Celo Dollar(CUSD):米ドルにペッグ
    Celo Euro(CEUR):ユーロにペッグ
    Celo Gold(CGLD):金の価格にペッグ
  • イーサリアムのEVM(Ethereum Virtual Machine)と互換性があり、使用言語もイーサリアムと同様のSolidityであることから、DApps構築だけでなくブロックチェーン間での移動も可能
  • スマートフォン向けDeFiサービス「Ubeswap」を提供しており、Sushiswap等のイーサリアムベースのDeFiプロジェクトとも提携している

CELOの供給量

CELOの発行上限は10億枚で、現在の市場流通量は約4億6,000万枚
総供給量のうち最大1億2,000万CELOはステーブルコインの担保として金庫へ送られる

Celo(CELO)取扱取引所

Celo(CELO)は海外の取引所で取り扱われています

CELO(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Secret(SCRT)]

    Secret(SCRT)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[トロン(TRON)]

    トロン(TRON / TRX)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Locus Chain(LOCUS)]

    Locus Chain(LOCUS)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Wrapped BNB(WBNB)]

    Wrapped BNB(WBNB)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Zilliqa(ZIL)]

    Zilliqa(ZIL)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ WOO Network(WOO)]

    WOO Network(WOO)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ inSure DeFi(SURE)]

    inSure DeFi(SURE)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ MediBloc(MED)]

    MediBloc(MED)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Orbs(ORBS)]

    Orbs(ORBS)

↓リットリンクはじめました

lit.link(リットリンク)は、無料のSNSリンクまとめサービス。暗号資産・仮想通貨ナビのリットリンク