Request / リクエスト(REQ)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Request(REQ)]

Request(REQ)

Request / リクエスト とは

Requestとは、分散型支払いネットワーク「Request Network」が発行する暗号資産(仮想通貨)
イーサリアムブロックチェーン上に構築され、請求書の作成や保存、会計、監査の自動化が目的
P2P型で仲介者に支払う手数料が必要ないため低コストで処理することができる
2017年10月にローンチされ、2022年12月7日現時点で時価総額ランキング180位

Requestの通貨記号

「REQ」イーサリアムのERC-20規格
取引手数料、保有通貨をネットワークに預け入れることで報酬を得られるステーキング、運営に関わる提案への投票権としてのガバナンストークンなどに使用されている

Requestの創立者

Web3業界の起業家でRequest Networkのメインコミュニティマネージャーを務めるChristophe Lassuyt氏、Web3業界で長年プロジェクトに携わっており、Request Networkの最高技術責任者であるEtienne Tatur氏による共同設立

RequestのオフィシャルHP

https://request.network/

Request(REQ)の特徴

  • 銀行や金融企業などの中央管理者がおらず、仲介者なしでユーザー同士が直接取引できる仕組み(P2P)のため低コストで取引を行うことができ、ブロックチェーン技術によりお互いの氏名といった個人情報も必要ないためセキュリティ性も高い
  • 主に企業や個人事業主向けネットワークとなっており、監査や会計、財務などを集約して管理することができる
    スマートコントラクト(契約自動化システム)に対応しているため処理速度も速い
  • REQトークンを保有することでステーキングなどができるほか、製品の割引特典もある
  • 幅広い暗号資産、法定通貨、ウォレット、マルチチェーンに対応しておりユーザビリティが高い
  • 大手銀行や投資会社、DAO(分散型自律組織)を含む2,000以上の企業や団体がRequestを使用している

REQの供給量

REQの発行上限は999,877,117枚で、現在そのほとんどが市場に流通済み
初期供給量は10億枚だったが減少に成功している(※希少価値が上がっている)

Request(REQ)取扱取引所

Request(REQ)は海外の取引所で取り扱われています

REQ(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Holo(HOT)]

    Holo(HOT)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Fetch.ai(FET)]

    Fetch.ai(FET)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Audius(AUDIO)]

    Audius(AUDIO)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ DigiByte(DGB)]

    DigiByte(DGB)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Horizen(ZEN)]

    Horizen(ZEN)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ API3(API3)]

    API3(API3)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ TerraClassicUSD(USTC)]

    TerraClassicUSD(USTC)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Pundi X(PUNDIX)]

    Pundi X(PUNDIX)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ クアンタム (QTUM)]

    クアンタム(QTUM)