LooksRare(LOOKS)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ LooksRare(LOOKS)]

LooksRare(LOOKS)

LooksRareとは

LooksRareとは、分散型NFTプラットフォーム
※NFT(Non-Fungible Token):非代替性トークンの意、ブロックチェーン技術により唯一無二の資産価値が付与されたデジタルデータ
イーサリアム上のNFTの売買が可能
最大手NFTプラットフォーム「Open Sea」に対しヴァンパイアアタックを実施
LooksRareでNFTを売買すると報酬としてLOOKSトークンを獲得することができる
2022年1月にローンチされ、2023年1月16日現時点で時価総額ランキング196位

LooksRareの通貨記号

「LOOKS」イーサリアムのERC-20規格
通貨をネットワークに預け入れることで報酬を得られるステーキング

LooksRareの創立者

匿名の”Zodd”、”Guts”により設立
チームメンバーも匿名となっている

LooksRareのオフィシャルHP

https://looksrare.org/

LooksRare(LOOKS)の特徴

  • 「NFT merket place by NFT people for NFT people(NFTの人々によるNFTの人々のためのNFTマーケットプレイス)」
    ユーザーやコミュニティーファーストな運営を目指しており、ユーザーからの要望を基に機能開発などを行う
  • 世界最大手のNFTマーケットプレイスであるOpenSeaに対しヴァンパイアアタックを実施し、OpenSeaユーザーに対しLOOKSトークンのエアドロップ(無料配布)を行うことで、OpenSeaからLooksRareへの流入を狙った
    ※ヴァンパイアアタック:従来のビジネスを模倣し、従来のものよりも好条件のインセンティブなどを付与することで、競争相手からユーザーを奪取しようとすること
  • NFT売買の報酬としてLOOKSトークンを獲得し、売買の際に発生する手数料は、その100%がステーキング報酬に再分配される
    その他、イールドファーミングを行うことでも報酬獲得が可能
    ※イールドファーミング:DeFi(分散型金融)プロトコルで暗号資産(仮想通貨)を運用して報酬を得るシステム

LOOKSの供給量

LOOKSの発行上限は10億枚で、現在の市場流通量は約4億7,000万枚

LooksRare(LOOKS)取扱取引所

LooksRare(LOOKS)は海外の取引所で取り扱われています

LOOKS(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ eCash(XEC)]

    eCash(XEC)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Astar(ASTR)]

    Astar(ASTR)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Hooked Protocol(HOOK)]

    Hooked Protocol(HOOK)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ソラナ(SOL)]

    ソラナ(Solana / SOL)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Status(SNT)]

    Status(SNT)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Optimism(OP)]

    Optimism(OP)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ ベーシックアテンショントークン(BAT)]

    ベーシックアテンショントークン(BAT)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ PAX Gold(PAXG)]

    PAX Gold(PAXG)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Zcash(ZEC)]

    Zcash(ZEC)