USD Coin(USDC)

USD Coin(USDC)

ユーエスディーコイン / USD Coinとは

テザー(USDT)に次ぐ時価総額第4位のステーブルコイン(2022年7月現在,CoinMarketCap)
※ステーブルコイン:法定通貨と暗号資産(仮想通貨)が連動する通貨。【USD Coinは米ドルと連動】
大手金融機関のゴールドマンサックスが出資し、大手会計事務所グラントソントン・インターナショナル監査のもと資産保有証明書を公開、ニューヨーク金融サービス局から暗号資産(仮想通貨)事業許可証を得ている。
価格が変動しにくいことから、投資目的ではく運用目的で使われる。

USD Coinの通貨記号

「USDC」1米ドルがおよそ1USDCになるよう固定されている(ペッグ通貨という)。

USD Coinの創立者

2018年9月、CENTREというオープンソースプロジェクトによって発行された。
CENTREとは、暗号資産取引所のCoinbaseと大手フィンテック企業のCircleによって設立されたプロジェクトのこと。

USD CoinのオフィシャルHP

https://www.circle.com/en/usdc

USD Coinの特徴

  • 投資目的として所持するのではなく、運用目的として利用されている
  • イーサリアムのERC-20規格をベースにしているので、他のイーサリアム系暗号資産と同じウォレットで管理できる
  • 大手企業のバックアップと、大手事務所による毎月の監査を受けているため信頼性が高い
  • VISAのグローバルネットワークに追加されていることから法人取引においての決算手段として期待されている

USD Coinの供給量

USD Coin(USDC)の発行上限枚数はなし。
USD Coinに1米ドル支払うごとに、1USDCが発行される。発行依頼は取引所がまとめて依頼し、個人に販売する流れ。

USD Coin取扱取引所

USD Coin(USDC)は2022年7月現在、国内取引所での取り扱いはなく、海外の取引所でのみ取り扱いあり

USDC(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Rocket Pool(RPL)]

    Rocket Pool(RPL)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Bone ShibaSwap(BONE)]

    ShibaSwap(BONE)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Flux(FLUX)]

    Flux(FLUX)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Mina(MINA)]

    Mina(MINA)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Ren(REN)]

    Ren(REN)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ KuCoin Token(KCS)]

    KuCoin Token(KCS)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ セルシウス(CEL)]

    セルシウス(CEL)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ aelf(ELF)]

    aelf(ELF)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ ビットコインキャッシュ(BCH)]

    ビットコインキャッシュ(BCH)