Ribbon Finance / リボンファイナンス
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Ribbon Finance(RBN)]

Ribbon Finance(RBN)

Ribbon Finance / リボンファイナンス とは

Ribbon Financeとは、DeFi(分散型金融)プロトコルを提供するブロックチェーンサービス
デリバティブを組み合わせることでイールド(利回り)を生み出し、ポートフォリオのリスク・リターンのプロファイルを改善することが目的
※デリバティブ:オプション、先物、債券などの金融派生商品 ※ポートフォリオ:金融において、金融商品・運用商品の組み合わせ
Theta Vaults(DOV)という保管庫に暗号資産(仮想通貨)を預け入れることで自動的に複雑な運用をしてくれる
2021年10月にローンチされ、2022年10月24日現時点で時価総額ランキング134位

Ribbon Financeの通貨記号

「RBN」イーサリアムのERC-20規格
自動運用の利子、通貨保有量に応じて報酬を得られるステーキング、運営に関わる提案への投票権としてのガバナンストークンなどに使用される

Ribbon Financeの創立者

詳細非公表

Ribbon FinanceのオフィシャルHP

https://www.ribbon.finance/

Ribbon Finance(RBN)の特徴

  • Theta Vaults(DOV)に暗号資産を預け入れると、価格が急騰したときに利益を得られる権利を他者に売り、その代金を得るという仕組み
    多少の損失は生まれるが、現物保有よりも大きい利益を得ることができ、価格急騰時に得られる利益が減りはするもののマイナスに転じるわけではないため低リスクになる
  • Theta Vaults(DOV)に預け入れらた暗号資産は、デリバティブプラットフォーム「Oqyn」にまとめて送付するため、個人運用よりも手数料を抑えることができる
  • Theta Vaults(DOV)にRBNトークンを預け入れて運用すると利子が増える
    また、RBNトークンを長期間預け入れてロックするとveRBN(vote-escrowed Ribbon)トークンを獲得することができ、veRBNトークンを保有することで優遇措置を受けることが可能

Ribbon Financeの供給量

RBNの発行上限は10億枚で、現在の市場流通量は約5億7,000万枚

Ribbon Finance(RBN)取扱取引所

Ribbon Finance(RBN)は海外の取引所で取り扱われています

RBN(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Ontology(ONT)]

    Ontology(ONT)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Audius(AUDIO)]

    Audius(AUDIO)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ dYdX(DYDX)]

    dYdX(DYDX)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Nexo(NEXO)]

    Nexo(NEXO)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Ethereum Name Service (ENS)]

    Ethereum Name Service(ENS)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ PancakeSwap(CAKE)]

    PancakeSwap(CAKE)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ポルカドット(DOT)]

    ポルカドット(Polkadot / DOT)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ ImmutableX(IMX)]

    ImmutableX(IMX)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ メイカー(MKR)]

    メイカー(MKR)