BinaryX / バイナリーX(BNX)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ BinaryX(BNX)]

BinaryX(BNX)

BinaryX / バイナリーX とは

BinaryXとは、BSC(バイナンススマートチェーン)上のメタバースNFTゲーム「CyberDragon」を作成したGameFiプロジェクト
※メタバース:インターネット上の3D仮想空間 ※NFT:非代替性トークン
ゲームをプレイすることで稼ぐことに繋がるPlay to Earn型で、獲得したキャラクターやアイテムはNFT市場で売買可能
2022年3月にホワイトペーパーが発表され、2022年9月29日時点で時価総額ランキング102位

BinaryXの通貨記号

「BNX」ガバナンストークンとしても使用される
※ガバナンストークン:プロジェクトの方針や運営に関わる提案への投票権

BinaryXの創立者

国際的な経歴と上級ブロックチェーン専門家で構成される匿名のチームによって開発された

BinaryXのオフィシャルHP

https://www.binaryx.pro/#/

BinaryX(BNX)の特徴

  • CyberDragonのジャンルとしてはファンタジーRPG
    プレイヤーはメインとなるキャラクターを作成し、ゲーム内通貨のゴールドを消費してレベルアップ
    ゴールドは、ダンジョンの冒険や採掘(マイニング)をおこなうことで獲得することができる
    レベルアップに応じて戦闘力と採掘速度が上がり報酬が増える仕組み
    最終的にボスであるサイバードラゴンを倒し、商品としてサイバードラゴンの宝箱を手に入れることができる
  • コンセンサスアルゴリズムはPoS(Proof of Stake)を採用
    高いセキュリティを維持するため、24時間ごとに21人のバリデーターが選出され、バリデーターに選出されるためにはバイナンスで一定量以上のBNBコインを賭ける必要がある

BNXの供給量

BNXの総供給量は2,100万枚で、現在の市場流通量は約200万枚

BinaryX(BNX)取扱取引所

BinaryX(BNX)は海外の取引所で取り扱われています

BNX(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ ベーシックアテンショントークン(BAT)]

    ベーシックアテンショントークン(BAT)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Oasis Network (ROSE)]

    Oasis Network(ROSE)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ ICON(ICX)]

    ICON(ICX)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Chia(XCH)]

    Chia(XCH)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ ジャスミーコイン(JASMY)]

    ジャスミー(JASMY)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ ビットトレント(BTT)]

    ビットトレント(BTT)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Fantom(FTM)]

    Fantom(FTM)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Voyager Token(VGX)]

    Voyager Token(VGX)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Terra(LUNA)]

    Terra(LUNA)