MXC / エムエックスシー(MXC)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ MXC(MXC)]

MXC(MXC)

MXC / エムエックスシー とは

MXCとは、分散型グローバルデータネットワーク「Meta X Connect」が発行する暗号資産(仮想通貨)
実世界のモノを、メタバースやDeFi(分散型金融)プロトコルへの橋渡しとなることで、実世界資産の担保化をもたらすWeb3エコシステムとなることが目的
モノとインターネットを繋ぐIoTネットワークを現在の方法で強化するというビジョンを掲げている
独自低電力広域ネットワーク「LPWAN」の使用により、大量のトランザクションを低電力で処理することができる
誰でもマイニング(発掘)が可能
2018年12月にローンチされ、2022年12月12日現時点で時価総額ランキング181位

MXCの通貨記号

「MXC」イーサリアムのERC-20規格

MXCの創立者

MXC財団によって運営・開発されている

MXCのオフィシャルHP

https://www.mxc.org/

MXC(MXC)の特徴

  • モノとインターネットを繋ぐIoT(Internet of Things)ネットワークの強化をビジョンに掲げ、誰もがデバイスに接続できる未来を目指している
    様々なデバイスがネットワークに繋がることで多くのユーザーがマイニングに参加することができる
  • 独自のMXProtocol(Machine eXchange Protocol)を構築し、低電力広域ネットワーク「LPWAN」を使用することでトランザクション(データ取引)の増加を実現
  • 実世界の資産データを暗号化し、メタバースに転送することが可能
  • メタバースの普及や、大手暗号資産取引所への上場で価格上昇に期待

MXCの供給量

MXCの発行上限は2,664,965,800枚で、現在の市場流通量は約26億4,000万枚

MXC(MXC)取扱取引所

MXC(MXC)は海外の取引所で取り扱われています

OCEAN(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Aragon(ANT)]

    Aragon(ANT)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ MetisDAO(METIS)]

    MetisDAO(METIS)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Stucks(STX)]

    Stucks(STX)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ dYdX(DYDX)]

    dYdX(DYDX)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Render Token(RNDR)]

    Render Token(RNDR)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ SwissBorg(CHSB)]

    SwissBorg(CHSB)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ ヘデラ ハッシュグラフ(HBAR)]

    ヘデラ(HBAR)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ EthereumPoW(ETHW)]

    EthereumPoW(ETHW)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ ファイルコイン(FIL)]

    ファイルコイン(FIL)