APENFT(NFT)
CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ APENFT(NFT)]

APENFT(NFT)

APENFTとは

APENFTとは、NFTの作成や取引ができるブロックチェーンプラットフォーム
※NFT:Non-Fungibule Tokenの略称、日本語で非代替性トークンのこと
NFT市場の促進を目的とし、プラットフォーム運営のほか、アーティスト支援やギャラリーのスポンサーといった事業を展開
イーサリアム、TRONブロックチェーン上に構築されている
2021年5月にローンチされ、2022年11月11日現時点で時価総額ランキング149位

APENFTの通貨記号

「NFT」
オンラインゲームやメタバース等の分野で使用されることが多いERC-721規格で、NFTの権利証明や移動が可能

APENFTの創立者

国際資本市場で幅広い経験があり、大手金融機関で20年以上のキャリアがあるSteveZ.Liu氏が社長を務める

APENFTのオフィシャルHP

https://apenft.io/

APENFT(NFT)の特徴

  • APENFTが行う事業内容としては、メインのNFTプラットフォームとアートワーク、NFTアーティストの育成、実世界のアーティストや伝統芸術とNFT業界との架け橋、ギャラリーのスポンサー、企画、芸術支援のための賞、アートコレクション設立など多岐に渡る
  • 多くのNFT取引はイーサリアムのチェーンが使用されており、APENFTでも採用されているが、イーサリアムのスケーラビリティ問題解決のため、取引処理速度が高速なTRONチェーンも加えて採用することで、NFT取引の高速化と手数料削減を実現
    ※スケーラビリティ問題:ユーザー増加に伴う取引処理速度の遅延や手数料高騰といった問題
  • TRONトークン保有者に対しNFTトークンのエアドロップ(無料配布)が実施されているため、資産を増やす目的でも利用可能

NFTの供給量

NFTの総供給量は999兆9,900億枚で、現在の市場流通量は約277兆805億枚

APENFT(NFT)取扱取引所

APENFT(NFT)は海外の取引所で取り扱われています

NFT(時価総額/相場)

CoinMarketCap参照
*仮想通貨における、世界で最も参照されている価格追跡ウェブサイト

関連記事

  1. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ MobileCoin(MOB)]

    MobileCoin(MOB)

  2. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ エルロンド(EGLD)]

    MultiversX (EGLD)

  3. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Theta Fuel(TFUEL)]

    Theta Fuel(TFUEL)

  4. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[バイナンス(BNB)]

    バイナンスコイン(BNB)

  5. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ UMA(UMA)]

    UMA(UMA)

  6. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ DigiByte(DGB)]

    DigiByte(DGB)

  7. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ BitDAO(BIT)]

    BitDAO(BIT)

  8. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[Shiba Inu(SHIB)]

    Shiba Inu(SHIB)

  9. CoinSearch(コインサーチ)暗号資産・仮想通貨をコイン名や通貨記号で検索できるサイト[ Amp(AMP)]

    Amp(AMP)